通販でも購入できる和装グッズの紹介

2020年の東京オリンピックに関連して世界中で日本らしいデザインが注目されています。扇子や髪飾りなどの小さい和雑貨を部屋のインテリアとして飾るだけでなく、全身で和装をしたいという外国人が増えてきています。それにより訪日外国人が求めるイベントの一つに着物を着て写真撮影をするのが旅行の目的に加えられているようで、呉服店だけでなく、日本料理屋で和装をして食事をすることをメニューのオプションで付けられている店も目立っています。和食屋や和雑貨店の店員が着物を制服として着用して販売をするのはもちろんのこと、頻繁に本社へ会議のために出向く店長も着物姿で歩いたりと、訪日外国人だけでなく普段から着物を着用する雰囲気が見られるようになりました。髪飾りから足袋までをそろえると少々お値段が高めになるため、通販で購入されているようです。

訪日外国人が気楽に楽しめるコスプレは「着物」。

和食を味わい、観光地巡りで写真をたくさん撮った訪日外国人が実体験として楽しむイベントとして和装をすることが求められています。着物の柄や生地の素材は画像だけでは伝わらず、実際に手に取って柄をしっかり見て、身にまとうことをしたいという内容です。和柄は外国人にも評判が良く、ヘアースタイルにもこだわる人には髪結いも人気メニューの一つです。レンタルをして着用することができて、照明器具やカメラの画質などにこだわった撮影をし、きちんとした記念写真を作る写真館が多くなってきています。かわいい髪飾りや渋い柄の扇子などは通販のほうが集める場合が多いです。写真館によっては、撮影時に着用した着物や髪飾りなどを買取りすることができるコースもあり、呉服店で集めた衣装では生地が厚くてスーツケースに入れにくいため、通販で生地が薄目にできている商品を購入して写真館に用意し、気に入ってもらえればそのまま販売するという流れになっていて人気のコースとして注目されています。撮影に使う小物、例えば手持ち用のバッグや巾着袋なども安くて種類豊富に用意することができるのでネットで大量注文されています。

和食屋でも本格的に和装して食事をするコースがあります。

箸を使って食事をする文化があまり無い国からの旅行者は箸を使って食べることを自国で練習してきたり、和食を食べるための準備をしてきている人がとても多いようです。ですがそれだけでは物足りず、着物を着て箸を持って食べることまでを目的とされているようで、和食屋で簡単に羽織れる着物も用意している店が増えているとのこと。すべてを着替えるまででなくても、半被のように羽織るだけでも雰囲気を味わえるのが人気の理由の一つです。やはりその目的はSNSに着物を着て和食を食べている姿を投稿するところにあります。ですので、写真映えするような鮮やかな柄が好まれます。着物の柄は呉服店に置いている着物よりも通販で選ぶほうが種類も豊富で購入しやすいとのことで、ネット注文で購入していることが多いです。

京都市内に実店舗も開業中、お気軽にお越しください! 帯はお手元確認前のお仕立てを承っております。 お仕立て上がり訪問着は5万8千円からです。 ご予約の上ご来店の方にもれなく…創業1803年(享和三年)、京菓匠「鶴屋吉信」の「花せんべい」をプレゼントします。 運営実績12年、お仕立ても安心しておまかせください。 袋帯、名古屋帯、八寸帯、各種をフォーマル、洒落多数掲載中です。 和装の通販サイトをお探しの方はこちら!